現場でのメッセージを紹介するにあたって…

団地、学校、地域、職場、個人、グループなど、
現場での訓練と育成を目的としたものの一部分です。
伝道の基礎訓練を理解している方には、
現場での伝道に訳に立つと思い、紹介させていただきます。


−−−−現場でのメッセージの特徴−−−−
(1)伝道を目的としたものです。
(2)福音の内容が継続して強調されています。
(3)現場で実際に使用されたままを紹介します。
(4)育成と訓練とを目的とした現場でのメッセージなので、
 繰り返しながら、新しく始める特徴があります。

ただ今、作成中ですが、以下のテキストを随時出して行きます。

「現場での福音メッセージ」は、A4版で74ページの本になって発行されています。(一冊500円)
購入希望される方は、メールでお問い合わせください。

序論  福音の内容と動機
     現場福音化のためのメッセージ
第1課  救いの確信
第2課  新しいいのち
第3課  イエスの御名
第4課  イエス・キリストの権威
第5課  祈りについて
第6課  答えられる祈り
第7課  祈りの順序とその意味
第8課  福音といやし
第9課  祈りといやしT
第10課 祈りといやしU
第11課 神様は本当におられるのか?
第12課 聖書は霊の世界を中心に書かれている
第13課 信じたのに教会から離れる理由は?
第14課 偶像崇拝から人を救おう
第15課 イエス様の力を体験するためには
第16課 イエス・キリストっていったいどういう方?
第17課 イエスの教え
第18課 イエスはなぜ死ななければならないのか?
第19課 イエス・キリストの復活
第20課 私たちのうちにおられるイエス・キリスト
第21課 教会を治めるイエス様
第22課 キリスト者の確信
第23課 イエス・キリストとともに歩む生涯
第24課 キリストが主人になると
第25課 成熟したキリスト者の生活
第26課 クリスチャンの生き方
第27課 キリストの豊かな恵みを味わおう
第28課 信じたのに教会から離れる理由は?
第29課 根拠あるクリスチャンの確信
第30課 万物の主であるイエス・キリスト
第31課 クリスチャンの戦いと武具
第32課 主の力の内にとどまる生活
第33課 キリストにある信徒の見方
第34課 聖霊はどういう御方なのか?
第35課 聖霊なる神は私たちのために何をなさる御方なのか?
第36課 聖霊の満たしとは
第37課 私は聖霊の満たしを受けたのか
第38課 聖霊に満たされ続ける生き方
第39課 聖霊の満たしの持続2
第40課 みことばによる祈り
第41課 祈りを山をも動かす
第42課 目をさましているべき理由
第43課 神様は真実な祈りに答えられる
第44課 祈りはすべてを可能にする
第45課 神様のご計画に合致した祈り
第46課 答えられる力ある祈り
第47課 みことばの約束を持って祈りなさい
第48課 神様の力を体験する祈り
第49課 祈りといやし 
第50課 神様のみことばである聖書
第51課 神様はみことばの運動を望まれる
第52課 みことばは道であり、光である
第53課 神様のみことばに従うと
第54課 従順とは何か
第55課 自己管理できる者 従順の目的は聖潔と勝利の生活である
第56課 みことばに従うとき人を恐れないように
第57課 どうしたら神様に会えるのだろうか
第58課 日々神様と会う生活 
第59課 神様に捧げる生き方
第60課 力の源泉 
第61課 力の源泉はどこに? 
第62課 無限の神の力
第63課 なぜ伝道すべきなのか
第64課 神の聖霊が力強く働かれる人
第65課 みことばの力をお証しなさい
第66課 伝道と祈り
第67課 福音の伝道者への祝福